20161002

P.I.A. Japan主催 「寺田まり公開レッスン」
2016年10月2日(日)


%e5%85%ac%e9%96%8b%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3
10月2日にP.I.A.Japan主催で「寺田まり公開レッスン」が行われた。
元々一人1時間を予定していたのが、嬉しいことに応募人数が増えてしまったということで、後から申し込んでくださった方がたには残念ながらまた次回に、ということでお願いし、たった3時間枠を4名で割り当てる形でのレッスンとなった。
初めの受講者以外は全員大人で、レスナーさんもお二人いらしたので、細かいことはあまりいうことはなく、大きな音楽の捉え方をするにはどうしたらいいのか、ペダリング、
体を使ってのテクニック等をまた今後の音楽作りをする上でのヒントとなることをレッスンした。私自身、学生時代はせっせと色々なピアニストや教授の公開レッスンを受けてきたので経験上たった数回(しかも今回はたった1回!)のレッスンでは教える側もヒントとなるようなことしか言えないのだから、その中から自分は何をその先生から学びたいかを意識しないと、何となく直され、何となく違うスタイルを学んだ、というだけに終わりかねない。以前何度か公開レッスンをさせていただく機会があったときは、普段のレッスン同様、与えられた1時間内で受講生のテクニックから何やら必死に細かく指導しようと意識していた。でも「公開」ということを考えた時に、受講生はもちろんだが、聴講生にもためになる内容にしないと意味がないのではないかと思い、今回は一般的な内容も取り入れながらのレッスンにしてみた。いつも思うのだが、レッスンをするということでこちらが学ぶことがいかに多い事か! 自分の演奏も同様だが、引き出しが多ければ多いほど内容の濃い演奏・レッスンができるから常に勉強してインプットしていかないと。
当日の受講生の方々に少しでも今後のヒントとなるようなことがあったならば嬉しい。